『百人一首』ミニ写真紀行 その2 嵯峨中院

蓮生の山荘があったあたりと定家の別邸のあたり

現在の嵯峨中院です

秋の写真(2010)と初夏(2015)の写真が混在しています

SG_0001  御存じ常寂光寺(秋) この麓あたりに定家の別邸があったと推測しています。

定家の別邸は、「小倉山荘」という名ではありません。定家は単に「嵯峨」と呼んでいました。また時雨亭という名も、定家の書き物には見えません。どちらも伝説の中の名前。

SG_0002  こちらは常寂光寺の山腹にある「時雨亭あと」。

ここは山腹で、ちょっと住むには不便です。

SG_0003  小倉山を遠望(秋)

SG_0004  こちらは中院の住宅地にある定家墓所遙拝所という石塔

ここから遙拝するのは、中院の五輪塔なのだと思います(あとの写真)

SG_0005   その横は児童公園

SG_0006  厭離庵の紅葉

SG_0007  定家の供養塔

IMG_0001_1

SG_0011   こちらは為家の墓所とされています。厭離庵の外にあります

SG_0012  厭離庵入り口

SG_0013  案内標識(内容はきわめて正確)

SG_0014  小倉山遠望